ひとみは道をつなぎたい

まったり生きるために調べた&行動したりしなかったりする記録

服を捨ててなんとなく思ったこと

 先月~今月は、衣服など布の物をめずらしく幾つも捨てました。しかもそれほど悩まなかったです。

 

 ひとつめは、2010年か2011年に買った白いブラウスです。デザインが気に入ってました。今シーズンの初めに、表面の一部がけば立っているのに気づきました。季節が過ぎたら捨てようと思ってたものです。

 

 二つ目は大学時代のおそらく2002~04年に買ったと思われるカットソーです。擦り切れてるのもあるけど、襟ぐりが大きくて肌シャツが見える(から見えてもいいようなデザインの肌着を用意する必要がある)のがめんどくさかったのです。

 

 三つめは、ひざ丈くらいのスカートです。2015年くらいのやる気がない頃に買ったものだと思います。外に出ない日に放熱重視で履いてました。

 

 四つ目は母の知り合いが突然母に押し付けた(ように私には感じた)はおりものです。今ぐらいのちょっと寒い季節にはおるにはちょっと分厚い生地ですが、あんまり冬に近づくと寒い気がする、綿か化学繊維系のジャケットです。くれた人は母か私が着ればいい、着なかったら捨ててほしいと言って三枚服を置いていき、一枚は母が、もう一枚はどちらの趣味でもなくサイズも合わないので即捨てる袋行きにし、最後の一枚がそのジャケットでした。もらってみたものの、先日何となく見返したら違和感があったので潔く袋行きにしました。

 

 五つ目は肌シャツです。元々はある程度フィット感があったのに、生地が傷んでのびのびになり、ちょっと屈むと胸部丸見えになってしまうので同時期に買ったものを数枚捨てました。これは借家でめっちゃ広げた覚えがあるので2010年には所持していたと思われます。

 

 今年は40歳になるのと、去年生活が変わってから制服化というほどではないですが服のパターンが絞られてきたので、それ以外の物が捨てやすいかなと思います。

 

 

 ここ数年で、なぜか親戚や先ほどの知り合いなど、家族全体で衣服をくれる人が増えたので気軽に捨てやすく、ありがたいです。コロナ前くらいだと、私が捨てたものを両親が拾ってきたりしてたのですが、流入が大量すぎて衣類だけは拾われなくなりました。

 親戚のは生前整理を兼ねて、捨てられずにたまるのを防ぐためにわざともらってきて捨てているので一度に入る量が黒いゴミ袋まるまる数個分とかで恐ろしいです。

 

 両親の姉妹は時代もあって、服をたくさん買ってたくさん持っています。それほどではないうちの母でさえ、2畳近くあるクローゼットは一杯だし、靴がうちの下駄箱の半分を埋めてます。

 

 以下思い出したこと。

 

 母の実家はとても田舎なので、そこにいる姉妹(私から見ると伯母さん)は私の服装を見てはもっといいものはないのかとか、同じのばっかり着てるとか私や母に文句?を言うのがずっとしんどかったです。母が買ってあげないせいだと思われてるのが嫌だし、母も困っただろうと思います。原因?は後述の通り私なのだし。

 

 成人してから、あれが苦痛だったということを母と話す機会がありました。その時に、私の服装の理由も話しました。毎回盆と正月のたびに微妙に趣味と違う&余所行き専用の服を買い、タンスに入りきらなくなって片付けがぐちゃぐちゃになるのが中学生ぐらいのころからずっと嫌だったと言いました。

 母には、収納を増やしてもよかったのにと言われました。違う、そうじゃない!と思いました。当時は今より物が多くてなおかつ部屋が狭かった上に布団じゃなくてベッドで寝ていたので超狭くなりそうですね。当時でも本棚のせいで狭かったし。

 

 その辺を思い出し、思想や言葉に出会う前から、私にはミニマリスト思考の素質があったのかな?と考えるとちょっと嬉しくなります。そうでなかったら、私は毎年服を買い続け、実際の今の私の倍ぐらいの収納を埋め尽くしていたでしょうし。

 

 私の部屋は家族の中で一番可視床面積が広いです。借家へも含む引っ越しの時から積み重ねて勝ち取ったこの床で、おなかの為にまた筋トレしないとなー。

結構しょげているんだなあ

 先月に個人的にしんどいこと(職場での判断ミスから嫌な言われ方した&めっちゃ好きな声の高齢の声優さんがついに亡くなってしまったなどなど)が続いて、それがなかなか頭から離れなくて大変でした。気をそらすために無駄にネタツイートを見たり唐突にいっこだけタローマン見たり、久々にまえにやってたジグソーパズルのゲームをはじめてみたり。ここ開設してそんなに経ってない頃に紹介した本や動画を見返したり。

 あとは特撮系(というかウルトラシリーズ)のゆっくり解説とかを見るのが好きです。ツブイマ今月はいり損ねたしょんぼり。

 

 回復が遅くてもゲームでいうバフをかけたりしたいんですよね。回復そのものを早めるとか、そのためにしばらく気をそらせるような。あとは、視点を変えるとか。

 

 6~7月くらいに、食べに出かけたりするより、冬の時のように長いさんぽのほうが落ち着くことがわかったので、できるだけ散歩に出るのが一番いいかなって気がします。本当は朝(6時とか)に行きたい。

うるせえタローマンの余波で何が悪い

 何か本を読みたかったので、たまたま見かけた『自分の中に毒を持て<新装版>』を別の日に別の店で探して買ってきました。

 

 

 

 一度さらっと目を通してあとは待ち合わせとかの時間つぶしにしようと思ったんですが、超スルメ本でした。間隔開けてでもめっちゃ読み返すと思います。まず読みやすい文体で難しい話でもないのに、1~2行読んだらなんかアウトプットしたくなるという、まさに自分を燃やして燃え尽きるまで少しずつしか読めない感じの本です。

 

 どういうことかというと、ちょっと読んだだけで、過去の自分の思い出や、書かれたトピックと関係ありそうなこともなさそうなことも含めどこかで見聞きした多種多様な人のエピソードが思い起こされるんです。

 

例えば、

一般の人でもお笑いタレントのようなしゃべり方をする人が結構多い。

それはサービス精神なのかもしれないが、つまりはみんなに悪く思われたくない、自分がかわいい一念なのだ。

という文がある。

 

 それで思い出したのが、ある芸人さんのエピソードでした。誰なのかとかいつ見たのかも何にもわからない。思い出せない。その芸人さんは小学生ぐらいからもう人を笑わせたりすることをしていた、そうせざるを得ないんだと語っていたんですよね。

 

 なぜかって言うと、もともとその芸人さんは今でいう陰キャで、楽しいキャラを演じないと変に目を付けられて虐められるとか無視されるから。

 

 そこまでじゃないけど虐められないためにキャラを演じたり、自分はいじられキャラだからと無理やり自分の心を抑えたり誤魔化したり言いくるめようとしてきた人ってめちゃくちゃたくさんいると思う。だから、すごくはっとした。

 

 そういう、脈略があるような無いようなことがぶわーっと脳内から引きずり出されてくる。

 

 ついでに脈絡無視して言うとNHKは展覧会・岡本太郎の東京と愛知の開催前にもTAROMAN放送してください夕方くらいに。

ショッピングモールで駆け出しアイドルとかがライブしてた話

 たまたま読んだ記事からちょっと思い出したこと。

 

読んだ記事:

takirentan.mernobi.com

 

 で、知らないアイドル云々というので思い出したこと。

 

 コロナ前、直前じゃなくてもう何年か前に、1~2か月ごとにちょっと遠くのショッピングモールに行ってた時期があった。

 そこのショッピングモールのあるエスカレーター付近に、イベントスペース的なものがあって、時々、アイドルがライブをしていた。すっごいローカルな雰囲気の女の子グループとか、逆に地方巡業的などこの人かわかんないけど他地方から来てるなってMCしてるグループとか。男性アイドルもいた。若い人が多かったってくらいで特に覚えていない。

 

 ほんとに、人とか名前とかは全然覚えてないんだけど、めっちゃ記憶に残ってるグループがある。

 

 男性の5~6人ぐらいのグループで、他のグループよりも、ライブ中の客数が多いので多少は売れてるっぽかったし、エスカレーターで乗降しながら聞いていても悪くない。

 なぜ何も覚えてないのに同じグループだとわかるのかというと、私が行ったときに出くわすと、いつも最前列に同じ応援グッズをもった数人の女の子集団が陣取っているからだ。グッズは手作りか、市販品魔改造ぽくて、だから二度目以降もすぐに同じ人だとわかった。

 

 一年強くらいの間に、4~5回くらい見かけた。最初はライブ中でさえ一団以外人がまばらだったのが、数か月後には結構人が埋まってて、同じようなうちわ集団が複数になっていた。おおー凄いなーと思ったものだった。

 

 しかし、コロナ禍でそのショッピングモールはあんまりいけなくなった。感染者が収まってた時期に一度行ったがその時のイベントスペースは雑貨とかの見切り品セールだった。その間に記憶はかなり薄れていった。ミニライブやイベントに出くわさなくなった。

 

 

 最近、県内ではそこにしかないとある店に行きたくて、もっと近くの別のショッピングモールに行った。そこのイベントスペースで久々にミニライブイベントを見た。

 その店に向かうときには、リハーサル中か?と思うくらいに見てる人がいなかった。打ち合わせじゃなくてMCだと気付くまでは、開店直後の時間なのもあって、本当にリハーサルだと思った。

 数十分後に下の階に降りるときには、歌ってるところなのに観客はあまり増えてなかった。このご時世で人同士の間隔があいてる=場所をとるはずなのにさっきとあんまり変わって無くね?って感じだった。

 

 その場所は程よくエスカレーターや案内板とかの導線になってて、コロナ前は興味なくても立ち止まってる人も多かったはず。なのに、立ち止まる人自体が少ない。いても、近くの店舗の壁側に立って、他の店舗や通路の方を向いて話している感じだった。

 その時は私自身も聞いてみようとか言う気が全くなかった。ちょっと体がバテ気味だったというのもある。

 

 

 読んだ記事のような、期待してなかったけどよかった、みたいな話ならよかったんだけど、思い出したのはなぜか、人がめっちゃいない状態だった。

 

 ちょっと先週今までで一番ミスして嫌な言い方されたのと、先日寂しくなるような出来事があったので、心が重めなせいなのかも。過去記事の色々を試したり、ぼーっとしたりして軽くなるまで待ちましょうかねえ。

僅かに忙しい?

あえて書かなかったのとサボリが相まってこんなに間が空いてしまった……。

 

それはさておき、前回の記事に書いた、職場にいる体の調子の悪い人が、先月中に突如状態悪化したとかで来なくなりました。先月その人の空いたところに数回ヘルプに入ったので給料が5000円以上いつもより高くなりました。その代わり、意外と体も疲れ切ってしまったのであんまり連続してはだめだな……と思い知りました。体力をつけても回復力が足らないので疲れが取れないというメンタル系あるあるですね。油断してはいけない。

 

今月いっぱいはその人来ないらしくて、もともと3人だった日も2人でシフト組まれて作業量1.5倍みたいになってます。私が担当する曜日のうち一つはそもそも一番仕事量多い曜日なので最初は時間配分ミスして終わる時間がぎりぎりになってしまいました。去年入ったばかりのころ(毎週時間ギリギリまでかかっていたどころかオーバーした日もある)を思い出して挫けないでやっていこうと思います。思ったよりはまともに終われそうですし。

 

増えた分で最後にもう一回シン・ウルトラマン見に行こうかなわーい!って自転車の掃除と整備をしておいて今日出かけようと思ったらものすごい雷と雨が来たので、結局散歩しかできそうにないけどまあいいや。

気が楽になってきた

 最近は慢心して意味不明でないごく普通のミスをやらかして普通に自分含め誰かが気づいてその場で何とかする程度に仕事に慣れてきました。作業によってはずっと慣れないところがあったのが解消できてきたのか、それとも、めちゃくちゃ集中してやらないとできない!というのがなくなったからかな?

 

 あとは、職場の怖い先輩(推定最年長のおばあさま)がやたら注意してくるときがあったんですが、完全スルーで済むようになりました。

 私が何か間違えてるとか、教えてくれた人(今はいない)のやり方が悪いとか間違ってるとかでは全くなくて、他の人の推定ではただ単に私への嫌がらせか私が変な奴だからってだけだとわかったからです。

 

 安心しました。やりかたが間違ってるなら困るなー店長にはOKもらってるのに……、とかなり悩んでいたんですが、上記の理由を教えてもらったときに「あーあー気にしなくていいよぉー」と店長のお墨付きをもらいました。

 おかげでもうびびらずに作業ひとつひとつに集中できますし、逆にこっちからめっちゃ元気に挨拶しとけばOK。(相手を逆にビビらせるぐらいのつもりで元気よく!を心がけています)

 

 いやマジで意味が分からない。

 

 どうでもいいけど別の曜日の人の話をするのはいいけどなんかおなかの調子がやばくて下してる話とかを配膳中にするのはやめてほしい……。その問題の人自体も生活がやばそうなので病院行きたくないなら習慣改善でもしたらいいと思う。

 

 人生全くストレスがないというのもあり得ないし逆によくないのでなんか最低限必要なストレスを生成してるんだと思うことにしよっと。

【ネタバレあり】シン・ウルトラマンの緩い感想などなど

5月13日、公開日にシン・ウルトラマン見てきました。

 

まともな言葉というか文章にならなかったです。

去年のシンエヴァの感想を帰ってすぐテキストにぶわーーっと書き出したんですが、あれ以上の細切れしか出てこなかったんですよ。

#53 シン・エヴァンゲリオンの感想(2021年3月8日当時のtxtそのまま) | そのほか - 朝宮ひ - pixiv

 

それで、他の人の感想のツイートや動画やブログを三日間(金~日)漁りに漁って、火曜日にふと朝の05時半に散歩に出て1時間以上歩いた帰りにふと、

 

やっと多少言語化できるわ……

 

と思ったのです。

 

 

前提(予備知識などの有無)

ウルトラマンは去年のセブン(BSプレミアムでの放送)で、他に触れているのはトリガーの本放送のみです。

・それ以外は何体かの敵の見た目と名前のみ(いくつかは結局セブンのだったんで、結局初代でわかるのバルタン星人だけかもしれないとか思ってる)。

ウルトラQをセブンの前に見てましたが何かが怖くて3話ぐらいでやめてしまいました。

・基本3分しか動けないのは知ってる(カラータイマー)

・そもそも我が家は子供のころに戦隊しか特撮見ていない(理由不明)。ちなみにライダーもある程度まとまってみたのは大人になってからのゼロワンと今のリバイスのみです。

 

・樋口監督については、ナディアの曲の作詞の名義のシンディ~さんだなっていうのと、エヴァのシンジ君の名前の元っていうくらいしか印象がないです。(特に好きでも嫌いでもない)

 

庵野作品との出会いはナディア本放送2話~

・ナディア本放送(1990~91年)

エヴァ本放送(ラスト4話なので96年ですね)

→96・97年の再放送&ビデオレンタルで全話補完

→高校のときにラブ&ポップ特番とカレカノ(98年ぐらい本放送飛び飛び)

→大学の時にレンタルで見る(ただしレンタル屋が即つぶれ&おいてなくてカレカノ全話見れなかった)

→2005年の夏に式日を見る

→弱火になる

→2012年ナディア再放送&金ローの新劇場版序&破で火力追加&Q予告でテンション壊れる(でもQネタバレ考察を読んで某チョーカー爆破シーンの存在を知って数年間見る勇気が出なかったので後に金ローかNHKかなんかの放送で見ました)

→2017年シン・ゴジラを地上波放映で見る

 

→2021年3月8日シンエヴァを劇場で見て「自分はナディア好きだなあ」と思わされる

→2021年シン・ウルトラマン特報映像の曲に惹かれる

→ポスターの背中に一目ぼれ?する&たまたま目にしたツイートのせいでシン・仮面ライダーのSHOCKERマークが心に刺さる

 

*人のせいにして申し訳ないけどこのツイートの画像で初めてマーク見てどきっとしたのよ。(ちょろい)

 

感想

 全体的には、わくわくの2時間でした。中だるみや、私が映画に慣れてないせいなのかわかりにくかったところもありますが、「どうなっちゃうんだろう?」「これから何が起こるの?」とドキドキしながら楽しめました。

 

 

 出だしの、ウルトラQのタイトルっぽくシン・ゴジラの表示が出るとこでまずびっくりしました。そのびっくりを引きずったまま、ウルトラQの曲に合わせてテンポよく経緯が流れていくのがいいですね。えっもしかしてこんなサクサク行っちゃうの?と思いっているところで本編が始まります。

 

 シン・ゴジラほどではなく最低限な感じで自衛隊や科特隊(漢字が出にくいのでそのまま行かせてください)の出動の様子やら怪獣(漢字が以下略)の様子やらで始まります。

 ウルトラマン降着して立ち上がるところは、畏怖とか恐怖を感じました。ヒーロー的な感じはほぼない様に思いました。

 

 ここ以外でも、人々が慣れてしまった怪獣たち以外の外星人や特にウルトラマンは、人間とも怪獣とも異質なものとか、怖いものや不気味な存在として描かれているように思いました。

 

 途中にあったネタというかセクハラっぽい巨大化操られシーンは、個人的にはコミカルだなーと思いました。劇場では一角のお客さんが笑い出して、それから周りも遠慮がちに笑ってる感じでした。私も何度か笑っちゃいました。中身は見えないと思ってるしね。

 (ラブ&ポップのときにめっちゃ厳しくパンチラしてるカットを削りまくってたっていう話を知ってるので、きっと、同じように厳しくカットしてる=見えてないと思う

 

 個人的に一番好きなのはメフィラス星人さんです。人間の私より居酒屋を使いこなす、一見ただのきさくなにーちゃんな外星人とかもうこれは楽しすぎるでしょう。しかも上の例のシーンでも気を使ってくれるし。無駄におしゃれ(黒一色)。人間、本能に弱くてごめんなさい、って思いました。

 その手前のザラブ星人がなんか詰めが甘いというかめっちゃ上から目線だし、あいつだったら「は?そんなの知らんし。」くらいのスタンスで何も手を打たないでいて人類との溝がごりごり深くなって明らかに失敗する作戦練ってきそうな気さえします。

 

 最後のゼットンの声?音声?あれがこわくてこわくて。そのあとのゾーフィさんがさらに怖い。つまりは最後らへんが全般怖かったです。吸われてぐるぐるしまくってるウルトラマンのとことか、あっこれ絶対出れないヤツ!!怖いッ!!とにかく怖かったです。このご時世でなければ、がんばれー!!って応援したくなりました。

(子供が応援してたというツイートがありましたが、そんな声援聴いたら私は泣いてしまいそうです。)

 

で、最後におかえりシーンがちょこっとあって、あっさりと終わりになるので、

 

「あっ、解放された……」というか、ほっとしてるとこにあんな心をえぐる曲調と歌詞の米津玄師さんの主題歌が流れて、エンディング後のおまけとかもなく解放されます。

 

 言葉が出なくなりました。もうね感情が渋滞しちゃったんですよ。しかも終わったの丁度お昼だったんでおなかが空いててそれによって気が抜けるのも重なって、頭がぼーっとする感じで帰りました。

 

 なお、私は樋口監督の作品を見ておらず(ローレライの原作は読んだ)、作品の特徴が分からなくて完全に庵野味しか認識してないので樋口さんの作品としてどうか、という点では全く語れません。

 

こんな人にオススメ

好きなものが庵野さんや樋口さんに近い人

・初代のウルトラマンが好きな人

・加点式で映画を見る人

山本耕史さんのファン(前半がしんどかったらすみません)

ウルトラマン全然知らないけど予告映像などでなぜか惹かれた人。

・ナディアとエヴァが好きでなおかつ初号機周りとアトランティス周りの設定が好きだったり気になってたりで、なおかつ元ネタ漁りが好きなTHEオタク

・オマージュを知ると元ネタを確認したくなる人

 

 

こんな人にはお勧めしない

・減点式で映画見る人

庵野作品が嫌いな人(たとえ樋口監督が好きでも

実相寺アングルや庵野アングルが嫌いな人(途中に超露骨にある)

ウルトラマンが好きじゃない人

自衛隊のドンパチがいっぱい見たい人(足りない!!ってなる

フェミニスト(本来の意味ではなくツイッターとかに生息する呼びわけが必要なめんどくさい奴らのほうです。むしろ来るな。

・善意で助けてくれるヒーローが好きな人

 

まとめ?

 個人的には87点です。ネタもあるけど、100点つけるほど手放しで楽しかった!!と言い切れないところと、最後のおかえりシーンがあっさり過ぎたので。

 

 とにかく、リピアさんに恥じない人間で居ようと思える作品です。名前が聞き取れなくて&パンフとか買わずに帰ったのですが、あとで知ってすごくいい名前だなーと感じました。

 

 帰ってから公式アカウントのツイートでデザインワークスの庵野さんの言葉約12000字っていうのを知って茶をふきだしそうになりました。どんだけ「一万二千」が好きなんだ

 

 来年楽しくシン・仮面ライダーが見られたらいいなあ。